トランポリンとは

我々ラビットが日々の活動で行っているトランポリンとは、どのようなスポーツか、こちらでご説明いたします。


スポーツとしてのトランポリン

トランポリン(Trampoline)は、四角、もしくは丸型の枠に伸縮性のある丈夫な布を張り渡しゴム・ケーブルまたはスプリングで固定した運動器具です。
この上で人が跳躍をくり返すと反発力により、トランポリンを使用しない時の数倍もの高さにジャンプすることが可能に。

起源は中世のサーカスだといわれているが、スポーツとして普及したのは1930年代以降、日本に紹介されたのは1959年(昭和34年)、 今ではレクリエーションに、競技に、エクササイズに、他の運動種目のトレーニング用に、と幅広く活用され楽しまれています。
オリンピックでもトランポリン競技が2000年シドニーオリンピック大会から正式種目となっています。
(参考:wikipedia)

環境

トランポリンというスポーツ自体は、どなたでもレジャー的にも利用できるくらいでして、特別な身体能力は必要としません。

使用する器具(トランポリン台)こそ特殊ですが、スプリング以外は相当長い期間使用でき使い捨てなどではないので、一度施設等で購入してしまえば、 トランポリンの可能なスポーツ施設・遊戯施設としてほぼ恒久的に利用できます。

下記で器具の詳細でサイズは記載していますが、トランポリン環境としては、

・台自体がおける(小体育館等で問題なし)
・高く飛ぶので、天井は高い必要あり(最低6mほど欲しいので、体育館タイプならよいが、スポーツジム等では難しい)
・設置、安全確保に多少場所を取るので、倉庫or置き場所が必要
※直接壁につけていたりは練習環境としては好ましくないため

などで実現できます。

・他種目の、野球・サッカーのように広いスペースを必要としない
・屋内種目なので、天候に左右されない

などのメリットで、広い場所の確保しづらい都心でも楽しめる環境は確保しやすく、近年では首都圏にも個人で自由参加できる、トランポリンの商用施設なども多数オープンしています。
※費用面・安全面の問題で、サッカー・バスケなどメジャースポーツを楽しめる運動場よりははるかに少ないですが


器具


体育館などに多いミドル
トランポリンは、スチールで出来た枠は「フレーム」、布部分は「ベッド」といい、ベッドは多数のゴム・ケーブルまたはスプリングで枠に固定します。
フレームの上にはクッション材として「フレームパッド」を置き、トランポリン台自体は折りたたんで収納できるようになっています。

サイズに関しては、
競技用のものは長方形のフレームで、

スモールサイズ:ベッドサイズが約3m×1.5m
 最近あまり使われていない。古くからある体育館などに。

ミドルサイズ:約3.6m×1.8m
 レクリエーションでよく使われ、公共の体育館などに多いサイズ。


大会などでも使われるラージ
ラージサイズ:約4.3m×2.1m(公式競技用)
 公的な大会で使われる一番跳ねて大きいトランポリン

がありますが、
家庭でエクササイズに用いる物には丸いフレームのものもあります。

また、アスレチック等には、大きな円形で、8本の柱、でひっぱり、八角形のトランポリンなどもあります。
※スノーボードのジャンプ練習用などに用いられたりしています。

安くて家庭でも楽しめるミニサイズ